帝釈天は何に感謝?

神様って何者? 宗教って一体何? そんな疑問を解消するブログです。

神様は感謝の対象物です。

では、今回は帝釈天は何の感謝の対象物なのかに触れて行きたいと思います。

仏教に出てくる仏様は、「如来」「菩薩」「明王」「天部」の4つに分かれています。

天部とは、異教から仏教に取り入れられ、仏教の守護神になった仏様です。

帝釈天は古代インド神話に登場する大地を潤す神インドラの事。 インドラとは、二頭立ての象に乗り金剛杵を武器に毒竜と戦った最強の神です。

仏教においては梵天と一緒に 釈迦が説法しているときに守護をしている仏様とされております。

つまり、帝釈天への感謝は守護への感謝なのです。

 

カテゴリー: 神様は感謝の対象物   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>