天分の前においてトラブルは才能を引き出す道具にすぎない

基本的に神様とは、見えない力を総合してまとめて神様と言っています。

見えない力とは?

・潜在意識が起こすもの ・霊が起こすもの ・法則的なもの ・自分の天分的なもの ・感謝の対象物として

今回も自分の天分的なものについて書きたいと思います。

人それぞれには天分があり、、桜の木に「梅の花咲いて下さい」と祈っても梅の花が咲かないように 自分の天分とは違うことを頑張ってもうまくいかない。 その天分を知るには、目の前にある事に対して努力をしていき そのうちに自分の天分が見えてくるので そうなったら自分の天分に力を入れればいいと書きました。

天分なもの(才能)を磨いて行くにはどうすればいいのか?

要は、トラブルと言うのは、天分を磨くのにもってこいなのです。

人は苦労をしないと成長はしないのです。

しかし、苦労を苦労として受け止めてしまうと苦痛でしかありません。

ですから、目の前に苦労することが出てきても 「俺だったらできて当たりまえ」とか 「朝飯前だ」と思っていれば辛くはないと思います。

このようなプラス思考は非常に重要です。

潜在意識の時にも書きましたが プラスの感情を潜在意識に記憶させることはとても重要です。

それと同じく、苦労を苦労と受け止めない事が重要なのです。 それでトラブルに対してぶつかっていけば、天分は磨かれていき 何事もうまく行くようになっていくのです。

天分を見つけることを、宗教などでは「神の導き」などと言い 天分が磨かれて何事もうまく行くようになっていけば、「神様のお蔭」

自分の天分にあうことは、予想以上にうまくいくので 神がかりに見えたりもします。

この天分も見えない力であり、 見えない力 = 神様 なので 天分的な物も神様なのです。

 

カテゴリー: 神様って何?   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>