滝行男子の引き寄せ生活日記

Just another WordPress site

滝行男子の引き寄せ日記 滝行男子!高尾山を語る

今年2度目の滝行へ行ってきました

投稿日:

E28CF230-AFF3-447C-BD9A-662E77895B32

滝行に行ってきました。
今年は2度目です。

今年の目標としては、『毎月一回滝行に行く』です。
2020年になり、1月は6日に行きました。
そして2月は10日に行きました。
今のところ、目標通り、毎月一回、滝行に行けています。

最近の流れとしては、
JR高尾駅⇒バス⇒裏高尾登山⇒蛇滝(滝行)
⇒裏高尾登山⇒薬王院⇒1号路下山⇒京王高尾山口駅

でしたが、今回は逆ルートで行ってみました。

京王線高尾山口駅⇒1号路登山⇒薬王院⇒裏高尾下山
⇒蛇滝(滝行)⇒裏高尾下山⇒バス⇒JR高尾駅

このルートの欠点は、裏高尾を下山してから
バスに乗るところです。

このバスは、JR高尾駅から、旧甲州街道を小仏に行くバスなのですが
なんと1時間に1本
これを逃すと、時間をつぶす場所はどこにもありません。

ですから、滝行が終わってバスに乗ろうとしたときに、
バスが行ったタイミングですと、最悪1時間待ちです。

それならば、高尾山に行くときにバスの時間を合わせればよいので、
行に裏高尾へバスで行き、帰りは京王高尾山口にでるルートを使用していました。

しかし今回は、1号路を何分で登れるのかを判断したくて
帰りにバスに乗るルートにしてみました。

ちなみに1号路で、高尾山口駅から登りはじめ
ケーブルカーの降り口付近まで
約30分で登ってしまいました。
案内では、この区間は60分って記載されていますので
私、登るの速いですね(笑

コロナウィルスのせい?
全体的に高尾山観光客の人が少なかったかな

ちなみに、こちらで使用している写真は
高尾山での写真ではありません。

高尾山では、滝行中の写真は撮れません
あしからず。

-滝行男子の引き寄せ日記, 滝行男子!高尾山を語る

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

四天王門

滝行男子!高尾山を語る<四天王門>

高尾山の中腹にある、四天王門について紹介します ケーブルカーを降りて、薬王院まで歩いていくと、 薬王院の入り口で四天王門は出てきます。 昭和59(1984)年に江戸期に建立されたままの形で再建された …

5E1F41F9-F6DE-40B2-B91D-0418D1A6F586

滝行男子!ブルガリのチョコを引き寄せる

2月のバレンタインフェアーに行った時に、ブルガリのチョコを発見。 その時に紹介されたのは1個2500円 高っ!! でも、欲しいな。 誰かくれないかな・・・ と、思っていたら なんとなんと 頂きました! …

D0D131B5-FE81-402B-A614-69DD5F3D1AB1

滝行男子!高尾山を語る<琵琶滝>

今回は、修行の場『琵琶滝』について語ります。 琵琶滝は6号路の途中にあります。 琵琶滝には、伝説があります。 むかし、偉いお坊さんが、高尾山を歩いていると、どこからか琵琶の音が聞こえてきました。 しか …

E28CF230-AFF3-447C-BD9A-662E77895B32

滝行男子現る

昨年末、高尾山の蛇滝にて 滝行男子になれました!! 高尾山の蛇滝では、月に三回、指導日があります。 最初は指導日に合わせて滝行へ行きます。 5回~6回ほど指導日を経験しますと お堂の研修を受けることが …

856B3B2A-E5A7-4614-A0A5-16B5FD3D9CE9

滝行男子!高尾山を語る<置くとパス>

四天王門から薬王院に行くまでの間にある 受験生向けの名所が『置くとパス』 高尾山の名所『たこ杉』からくる『開運ひっぱり蛸』 タコは英語で『オクトパス』 「このタコの置物を置くと受験にパス」で『置くとパ …