滝行男子の引き寄せ生活日記

Just another WordPress site

滝行男子!高尾山を語る

滝行男子!高尾山を語る<蛇滝口>

投稿日:

高尾山と言えば、京王線高尾山口駅で降りて、
目の前にある口から登る。

右側から入れば1号路
左側から入れば6号路
真ん中がケーブルカーもしくはリフト

これが高尾山というイメージですね。
表高尾ですかね(笑

しかし今回は、この行き方とは違う、裏高尾の話をしたいと思います。

裏高尾は、高尾山駅から小仏ゆきのバスに乗り
蛇滝口というバス停で降り、2分ほど歩いた場所に
入り口があります。

言われないと気がつかないと思うのですが
裏高尾入り口の左側の、石碑が建っています。

裏高尾

実はこの入り口が、裏高尾の入り口なんです。
蛇滝に向かう際には、この入り口から入りますので
バス停が蛇滝口になっています。

ですから、蛇滝口さんて呼ばれ方もしています。

いつも使用している地図ですと

A31EF7D5-417A-4F5F-B7C5-11F0B48ECA40

わかりずらいので、別の地図を使いましょう

AE7B0602-E28E-4AC4-B09C-A02651E0AB7C

これが蛇滝口です。

この小仏行きのバスが通るのは旧甲州街道です。

実は江戸時代などは、京王線などなく
甲州街道がメインの通りになりますので、
実は古き時代では、メイン通りに面していたのが
裏高尾と呼ばれる、蛇滝口だったのです。

高尾山は、修験道の山として知られていましたから、
甲州街道を通り、蛇滝口から山に登り
最初に出てくる、蛇滝で滝修行を行うのです。

滝で身を清め、そのまま高尾山を登り、修行に勤しむのです。
その入り口が蛇滝であり、蛇滝口だったのです。

現在の表高尾は、京王線が開通してからの話なんですね。
ですから、古き良き高尾山は
裏高尾の方が味わう事ができるのです。

時間に余裕がある方は、是非裏高尾を体感してみては?

-滝行男子!高尾山を語る

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

六根清浄

滝行男子!高尾山を語る<六根清浄>

私が滝行をしている高尾山についての話をしていきたいと思います。 高尾山に行きますと、以下のような石碑をよく見受けられます。 高尾山は修験道の山です。 修験道では、「六根清浄」という教えがあります。 六 …

1C2AA766-FDC2-4FCC-8B99-520869A34B39

滝行男子!高尾山を語る<高尾山釈迦仏伝四相図>

仏舎利塔の近くに『高尾山釈迦仏伝四相図』があります これは、釈迦の誕生からの生涯を4つの碑で表現しているものです 釈迦の生涯を4つの絵で描いています。 1.生誕(せいたん) 2.降魔成道(ごうまじょう …

271B5A09-35DB-420A-BC79-888DBB9350C9

滝行男子!高尾山を語る<高尾山内八十八大師めぐり>

高尾山では『高尾山内八十八大師めぐり』があります。 まずは、高尾山の薬王院護摩受付所で、「高尾山内八十八大師めぐり」(一部100円)を購入します。 場所は薬王院と四天王門の間になります。 こちらが案内 …

896059E0-1389-4256-B8C9-637C7240C676

滝行男子!!高尾山を語る<金比羅台>

今回は、金比羅台について語りたいと思います。 高尾山口の駅を降りて、1号路から登ります 実は、1号路を登っていくと、途中で金比羅台への案内が出てきます この案内通り、1号路から外れていくと 金比羅台が …

3C8CE289-D7B1-4790-B27F-C7083A1A23C1

今年、4度目の滝行に行ってきました

滝行に行ってきました。 今年は4度目です。 今年の目標としては、『毎月一回滝行に行く』です。 2020年は、1/6、2/10、3/9、 そして今回の4月滝行。 今のところ、目標通り、毎月一回、滝行に行 …