滝行男子の引き寄せ生活日記

Just another WordPress site

滝行男子!高尾山を語る

滝行男子!高尾山を語る<苦抜け門>

投稿日:

高尾山には、「苦抜け門」と呼ばれる門が二つあります

「苦抜け門」の場所は、仏舎利塔から男坂へ下る石段の手前と、男坂を上がり、右側の仏舎利塔へ上がる石段の手前の2箇所です。

仏舎利塔から男坂へ下る石段の手前
DE014342-99F3-4746-8F1D-526BEB7EB2BE

右側の仏舎利塔へ上がる石段の手前
3BEA4B92-46CE-4351-B3A8-0450BC2A0309

 この2つの門に挟まれました石段は「三密の道」と呼ばれております。
 「三密」とは、仏教では人間の日常生活は三密 身(身体)口(言葉)意(心)の三つの働きから成り立っていると考えられております。
これこそが煩悩の元であり、身業、口業、意業の三業であるといわれます。
この三密の道を歩く時煩悩(わずらい なやみ)を消すことを心に念じて歩くと良いのです。

先日、コロナ対策で小池都知事が
『三密』を避けるよう提言しました

・多くの人が密集
・近距離での会話や発声(密接場面)
・換気の悪い密閉空間

この『三密』では、ありませんよ。

『三密』という言葉は、元々仏教用語であったのです

苦抜け門は、仏舎利塔の箇所にあります

8B6A5C31-F5BB-45ED-ACBA-72129CA73E42

-滝行男子!高尾山を語る

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

滝行男子!高尾山を語る<良縁むすび>

四天王門をくぐった先の広場に、良縁むすびのスポットがあります。 倶利伽羅堂(くりからどう)です。 黄金の龍が巻き付いている剣で、欲・怒り・愚痴の“三毒”を破り、 世の中にあるさまざまなものや人とのご縁 …

今年、4度目の滝行に行ってきました

滝行に行ってきました。 今年は4度目です。 今年の目標としては、『毎月一回滝行に行く』です。 2020年は、1/6、2/10、3/9、 そして今回の4月滝行。 今のところ、目標通り、毎月一回、滝行に行 …

滝行男子!高尾山を語る<展望台レストラン>

今回は、高尾山の展望台レストランです。 ケーブルカーに乗って、高尾山駅で降りてすぐにあるのが、展望台レストランです。 高尾からの展望を眺められるスタイル 景色を眺めながら、乾杯ができます。 汗をかいた …

滝行男子!高尾山を語る<高尾山釈迦仏伝四相図>

仏舎利塔の近くに『高尾山釈迦仏伝四相図』があります これは、釈迦の誕生からの生涯を4つの碑で表現しているものです 釈迦の生涯を4つの絵で描いています。 1.生誕(せいたん) 2.降魔成道(ごうまじょう …

滝行男子!高尾山を語る<天狗>

高尾山の四天王門の近くに天狗の像があります。 高尾山の天狗は御本尊様に従いお護りする随身として、 開運や魔除けなど多くのご利益をもたらす役割をもっています。 古来より多くの伝説や信仰の対象として、時に …